相談から解決までの流れ

ご相談日予約

  • ご相談は完全予約制です。
  • 電話メールフォームのいずれから法律相談の申し込みをしてください。
  • 法律相談料は、初回50分無料です。
  • オンライン(Zoom又はSkype)での法律相談も可能です。
  • 紛争当事者ご本人様がご予約し、ご相談してください。
  • 土日も可能な限り対応いたします。
  • 当事務所で扱っていない種類の事件の相談予約はお断りすることがあります。

弁護士によるご相談

  • 相談時間は50分です。
  • 前半は事実経緯についてお伺いします。
  • 伺った事実経緯をもとに、解決策や見通しなど法的な観点からアドバイスいたします。
  • 最後にご依頼いただく場合の弁護士費用の見積もりとご説明をいたします。

ご依頼

  • 相談当日のご依頼も可能です。
  • ご検討後、後日ご依頼いただく場合は、来所又はオンラインで再度面談させていただきます。
  • ご依頼時にご依頼者と弁護士との間の委任契約書を作成いたします。弁護士が委任契約書の内容をご説明します。ご不明な点はお尋ねください。委任契約書の内容をご確認の上、署名又は押印を頂戴いたします。
  • 委任契約書に加えて、委任状(弁護士を代理人として選任したことを示す裁判所に提出する書類)への記名押印もお願いします。
  • 委任契約書作成後、着手金等の費用のお振込みをお願いします。
  • お振込み確認後、弁護士のお仕事開始となります。

弁護士の仕事開始

  • 着手金等のお振込み確認後、直ちに、お仕事開始となります。事案により、相手への受任通知、調停申し立て準備、訴訟提起準備など行います。
  • ご依頼者との連絡は主にメールで行い、必要に応じて、電話や事務所やオンラインでの面談打ち合わせを行います。相手への連絡、相手からの連絡、裁判所とのやりとり、進め方など、逐一ご連絡差し上げ、ご意向を伺います。

解決

  • 相手方との調停、和解成立、裁判所による判決、審判など、ケースが終了したときに結果をご報告いたします。
  • 事件処理にかかった実費や弁護士費用を精算し、「弁護士費用および実費精算書」を発行し、ご依頼者にお送りいたします。「弁護士費用および実費精算書」に記載された銀行口座に最終の弁護士費用等お振込みください。
  • 弁護士からご依頼者に返金するお金がある場合は、「弁護士費用および実費精算書」と共に「口座指定書」も同封し、振込先をご指定いただきます。「口座指定書」到着後、1週間以内に指定口座にお振込みいたします。
ページの先頭へ